死ぬとは、宇宙のエネルギーにかえること。

死ぬとは、宇宙のエネルギーにかえること。

私は子どもの頃からよく寝る前などに、ベッドの中で「死ぬ」ということについて考えていました。
死んだらこの意識はどうなるのか、そもそも生まれてくる前、自分はどこにいたのか。そして、どこからどうやって生まれてきたのか。
考えれば考えるほど怖い気持ちになって、こんなことならいっそ最初から生まれてこなければこんな恐ろしい思いをせずにすんだのに・・と思ったりしていました。
また当時は、親の影響で手塚治虫さんの『火の鳥』を読んでいたせいか、輪廻もなんとなくあると思っており、
永遠に生まれかわるなんてそれこそ何度もつらい経験をしなければいけないので、なんて恐ろしいことだと思っていました。
今はそのころの死生観とは少し違って、死ぬというのは、宇宙にエネルギーとなってかえっていくことなのではないかと考えるようになりました。
そもそも産まれる前のずっとずっと長い間、個人が何かに生まれ変わり続けていたとは私はとても考えられないので、
人は死んだら自分と似た波動やエネルギーを持つ魂と混ざり合い、またらせんのようなものを描きながら宇宙というエネルギー全体を
形作る宇宙の一部になるのではないのかな、と今は思っています。
具体的には、誰かの臨死体験が記憶に残っているのかもしれませんが、死の瞬間が訪れたらまず、最初は目の前がまっくらになると思います。
それからだんだんと光のようなものが見え始め、その光の方へと人は導かれ(ここの光とは朝日のようなイメージです)、
光にあたると同時に、その光の中にその人自身が取り込まれ、溶けていく気がします。
この光に溶けていく、光にかえっていく瞬間は、なんの恐れも痛みもない、至福の瞬間であってほしいと思います。
死んだら自分というものはなくなり、今愛している人達とも逢えなくなると思うとどうしようもなく悲しいですが、
もともとみんな宇宙のエネルギーの一部だとしたら、死んで似た魂の人とは混ざり合うのですからきっと寂しくないはず。
そして、近い魂だからこそ友人や家族としてこの世で会うことができたのではないでしょうか。
マンガ『火の鳥』にもありましたが、永遠に生き続けるなんてそれこそ苦しく孤独なことだと思います。
人よりも早く死ななければならないとしたら、「死」を受け入れるのはとても難しいと思いますが、
老人と言われる年齢まで生きて、子供たちが独立し、愛する人や友人も死んでいく中で迎える「死」だとしたら、
少しは穏やかな気持ちで受け入れられるのではないかと思います。
人間を含め動物には、生きたいという本能的な欲求があると思うので、「死」への恐怖は一生消えないかもしれませんが、
理性の部分では、「死」を受け入れられる、受け入れたいと今の自分は考えています。