「死にたいと思う人」、「生きたいと思う人」についての私からの観点

「死にたいと思う人」、「生きたいと思う人」についての私からの観点

・死にたいと思う人
  まず、「死にたい」と思う人は、どうして「死にたい」と思ってしまうのか?ということを挙げたいと思います。
私が個人的に調べてみたものですが、例を挙げていきたいと思います。
「いじめられていて誰にも相談することができず、誰にも助けを求めることができずに一人で抱え込んでしまい死にたいと思う人」
「借金が多く、もう返すあてがないのに、取立てが厳しく死んで楽になろうと思う人」
「自分の存在意味がなんなのか?自分は今生きていて、なにか意味があるのか?と思い、死にたいと考える人」
「親に小さい頃から大切にされずに、愛情を感じられずに育ってきて、もう死にたいと思う人」
このような例が多くありました。
死ぬことによって、自分が求めていることは、手に入れられるのでしょうか?
「死ぬ」ということは、「無」ということではないのでしょうか。
死ぬことを考えるよりも、生き抜くためには、どうしたらいいのかを考えるべきだと思います。
私は、小学5年生の時にいじめにあいました。
その当時は、親に言うと親が心配するだろうと思い、家では平然を装い生活していました。
その時、親が優しく接してくると、涙が出そうによくなりました。
しかし、もう死にたいなどは、一切考えたことはありませんでした。
だから、実際に死にたいと考える人の気持ちは完璧に分かるものではありません。
なので、「勝手なことを簡単に言うな」と思われるかもしれません。
しかし、周りをよく見渡してください。私たちの知らないことがたくさんあります。
私の身の回りにもそういった人がいました。その人は、47歳の時「子宮がん」と診断されました。
しかも、最悪にも、発見したときにはすでに、末期でした。長くても、半年もつかどうかという診断でした。
息子の結婚式が一年後に控えていました。その人は、「息子の晴れ姿を見るまでは」と余命よりも半年も長く生きました。
そして、息子の結婚式を終えてから二週間後に他界しました。まだまだ、息子の子供も見たかったはずだと思います。
この話は、私の本当に身近で起きた出来事です。これを聞いて、どう思いましたか?
死にたいと思っている人は、生きたいと思っている人に、「私は~の理由で死にたいと思っています。」と言うことができますか?
なにか一つでも、自分が夢中になれることや、信頼できる人、落ち着ける場所、こういったことを見つけることで、
少しは死にたいと思う気持ちを和らげることができると思います。
最初は「そう簡単に見つかったら、苦労してない。」と思うかもしれませんが、なにか行動しないと始まらないと思います。
死んだ後の世界など、誰にもわかりません。死んだほうが楽だと考えている方も多いと思いますが、
私はそうは思いません。もし、死んだ後の世界に行ったとした時に、今よりも、もっともっと辛く、過酷な世界だったら、どうしますか?
その世界では、もう死ぬこともできずに苦しいだけ、死ななかったよかった、と思っても手遅れだと思いませんか?
それなら、今を必死に生き、今をどう快適に生きていくかを考えていくべきだと思います。
勝手な発言も多いかもしれませんが、これが私の意見です。