人間が平等に与えられている結末である「死」について

人間が平等に与えられている結末である「死」について

人間だれもが生まれながらにして決められている運命があります。それが死です。
人間は死ぬことで一生を終えていきますが、生きているうちはあまり死ぬことに関してしっかりと考えないものです。
それはなぜかというと、死にたくないからです。死にたくないから、死ぬことについて考えることを避けてしまうのです。
ですが、私個人の考えとしては定期的に死と向き合う時間は必要であると考えます。
それはなぜかというと、死について考えたらそのあと少しだけあなたの生き方が変わると思うのです。
死と向き合わなければ生と向き合うこともないのです。
一日のうちに少しだけでも、いつ自分が死ぬのかわからないと考えれば、自ずとまわりの人間や自分をより大切に、一秒一秒を大切に生きるだろうと思います。
ただし、死について考えることで悲観的になってしまえば、それはそれで元も子も無くなってしまって逆に精神面に良い影響は与えません。
なので、私は映画や小説、漫画などを通して死について考えるようにしています。
物語の中でなくなっていった登場人物に感情移入していくことで、個人的にはかなり冷静に死と向き合うことが出来ます。
物語ごとの世界観や設定を捉えながら、その世界での生きる理由、生き延びていく理由などを考えたり、その世界で死なないためにどういった生き方をすべきなのかを考えたりすることも多々あります。
また、こういった考察をしていくことで、一つ一つの物語がより一層楽しめます。
そういった理由もあり、私は登場した人物が死んでゆく物語を好んで読んだり見たりしています。
出来る限り自分を死と近づけて、生と向き合い、今日や明日の生き方の質を少しでも高めていくことはとても重要なことだと考えています。
そういった経験をしていると、段々とわざわざ死について考えることがなくても、生について深く考えることができ、将来に対しての考え事や不安などがスムーズに解決されていきます。
また周りの人間に対しても考え方が変わり、より一層、友人や家族を大切に思いながら生きていこうという気持ちになれます。
今日を幸せに生き抜くことで、明日を呼び込んでいく。そんな毎日が続けば日々が幸せに感じるはずですし、周りの人間も幸せに出来るはずです。
そういった理由もあり、私は定期的に常に死に関係している物語を吸収していってます。
死の直前になって、大切なものに気づくのでは、相当な手遅れです。
平凡な毎日の中でも大切な人を思い、元気に生きていくことを私は心がけています。
決して死を考えたりすることはネガティブなことではなく、むしろポジティブにつながるものだと私は考えます。
生きている時が怠慢であると思ったその時に、死について考える。この作業が大切だと私は考えます。