死ぬのは怖くないの?という質問に対して私なりの答え

死ぬのは怖くないの?という質問に対して私なりの答え

死ぬことは怖いか怖くないかといわれれば、もちろん誰でも最初は、怖い、死にたくないと答えると思います。私も子供のころは、死ぬのなんて嫌だ!!。一生若いまま生きていたいって真顔で言っていました(笑)。でも最近、長いこと生きてきて(といってもまだ、20代ですが)死についていろいろ考えた時、健康であろうが、病弱であろが、生き続けることのほうが、死ぬことよりも何倍も怖いのではないかと考えるようになりました。
子供の頃は、いつかは自分の命が土に代わって草木の養分になるって親から聞かされても、いまいち実感がわかず、すっごい先のことのように考えてしまっていたんですよね。なぜか自分は根拠無く、大きな怪我や病気もすることもなく、80ぐらいで安らかにいけると(たぶん、僕だけじゃなく、大多数の人にも経験あると思いますが)死ぬことに関して、まるで他人事のように感じてしまうんですよ、若いうちは。でも、当然社会とはそんなに甘いものではなく、体中ぴんぴんしてても、不幸な事故に巻き込まれて命を落とすこともあるだろし、運悪く通り魔や殺人鬼に遭遇し、ブスッと刺されて殺されるかもしれない、突然何の予兆もなく、ガンや難病にかかり、苦しみながら死ぬかもしれない・・。死ぬときって案外いきなり、何の余興もなく、突然来るものなのですよ。今生きている人は、自分には関係ない、自分はまきこまれないって根拠なく、豪語しますけど、そういうのって案外身近にあるもので、しかも襲われるときはほんの一瞬。目が覚めたら、空から自分の遺体を見下ろしてるかもしれない。治安がよく、医療制度も充実している我が日本国においても、何の問題もなく、天寿を全うする人って限りなく少ないんですよ。
でも、だからといって死にたくないから毎日びくびくしながら警戒心強くしながら、長生いしたいかと聞かれたらそれは疑問ですよね。当然、長くいきたいことに変わりはないけど、自分が死ぬ可能性がある選択を切り捨てて行くなんて不可能ですから、そうやって消去法であれもだめ、あそこもいかないってなると、何もできないし、そんな人生楽しくないと思うんですよね。最近の世情がそうで、子供が死んだり、事故を起こす可能性のある遊具や遊びは禁止にしようといって、あれも撤去、これも禁止、これでは子供がかわいそうです。娯楽って危険だから楽しいものだし、仮にそれで命を落としても、不謹慎ですが、楽しいことしながら、死ねるんだからよかったんじゃないの?と思うわけです。
自分、無宗教で、神様もあの世も信じてないんですが、たまにこういう話をすると、宗教を信仰してる人から「あなた、そんなんで、自分が70~80なった時どうするの?」って聞かれるんですよ。どうやら宗教信仰してる人っていうのは、死んだあとも意識があり、ずっと自我が保たれて、肉体のない世界にいけるとおもっているらしいんです。
ですが、これは宗教の死は救いという考え方に矛盾していることになるんですよ。というのも、多くの宗教では、死は救いなりを掲げて、自殺以外の多くの死を肯定しておりますよね。(イスラムの自爆テロよろしく)でも、死は救い=生からの救いと考えるなら、肉体が滅びるだけでなく、精神や自我もなくならないと救いにならないからです。だって体がなくなっても、精神や魂が残ってたら救いにならないじぁないですか。(意識がある限り苦しみがあるわけですから)だから、キリスト教やイスラムの信者で、生から解放されたいっていってる人がいても、あの世とか神の世界とか口にする人は、本当は死ぬのが怖い、まだ生きていたい人なんだなぁと思うようになった。
本当に死にたい人はあの世すら否定すると思いますよ。せっかく楽になれたのに、死んだ後も意識が残っているなんてそれこそ地獄だろうし。僕も自分がなくなる時は、パソコンの充電が切れて画面が真っ暗になるような、コンセントを抜かれて、電源を落とされて動かなくなる液晶テレビとか、そういう最後を迎えたいんですよ。死ぬのって本当の意味ではそういうことなんだと思う。だから僕が、「死ぬのが怖くないんですが?」と聞かれたら、「死んだ後とも意識が残ってる方が怖い。」と答えることにしました。