死にたいと思ってもあきらめないで、誰かが手を差しのべてくれるものです

死にたいと思ってもあきらめないで、誰かが手を差しのべてくれるものです

 死について初めて考えたのは38歳の時です。ある日突然左の手足が動かなくなり、病院に行って精密検査を受けたところ頸椎の3,4,5番目の辺りの脊髄が変形していて神経を圧迫しているための症状で、手術しか治す方法は無いと言われました。早速入院し頸椎の手術に備えることにしました。主治医の先生からの説明は、頸椎の3つの後ろの突起を削って平らにし、それぞれの骨を切り開いて脊髄の圧迫部分を開放してやる術式で、手術の時間が長時間に渡るのもさることながら、難易度の高い手術で100%成功するとは断言は出来ませんとはっきり言われました。
 しかしながら回復する方法がこれしかないということなので、正直死を覚悟して手術を承諾したのです。手術当日、ストレッチャーに乗せられ家族に見送られながら手術室に向かっている時、家族の顔を名残惜しく見た記憶が今でも鮮明に残っています。手術室に入り手術台に仰向けになって「これから麻酔をします。」という言葉を聞いたのが最後で、次に気がついた時はベッドの上でした。「○○さん、分かりますか。私の手を握って見てください。」という先生の声が聞こえました。「ああ生きていたんだ。」無意識のうちに手を握ろうとするのですが、力が入っているかどうかわかりませんでした。そのため手術をしたら不自由な手足が直ぐにでも治るものと思い込んでいた私はがっかりしてしまいました。
 「○○さん、直ぐに治るものではありません。これからリハビリをして段々直してきましょうね。」と私の気持ちを見透かしたように先生が言いました。それから3週間、私は首が動かないようにベッドに固定され、洗面、食事、着替えとも全て寝たまま行いました。そして3週間後、いよいよベッドから起き上がれる日がやって来ました。先生と看護師さんがやって来られて、電動ベッドをゆっくり起こします。半分程度起きた時でしょうか、突然クラクラっと目まいがして思わず戻しそうになりました。「しばらく寝たきりだったので、慣れるまで目まいがします。」とのことでした。
 何日かして目まいもしなくなり、いよいよベッドを出て歩いてみることになりました。首を固定するための装具を付けた後、そっと立ち上がり杖をついて歩こうとしました。ところが思うように歩けないのです。先生が「○○さんの場合は脊髄の変形期間が相当長期に渡っていたので、そう簡単に元には戻らないと思います。時間をかけて直して行きましょう。」とのこと、「えー、話が違うのでは。」と思いましたが、どうにもなりません。とにかく治りたい一心でリハビリを一生懸命やりました。でも結局入院期間中、退院後も元のように歩いたりつかんだりすることは出来ませんでした。
 仕事を休職してから1年半は傷病手当金でどうにか生活は出来ますが、問題はその後仕事が出来ないと家族はどうなるのか、そう思ったら保険金のことがチラっと頭をよぎりました。もし自分が死んだら家族にマンションと保険金が残せる、それで生活が出来るのではないかその時は本当にそう考えました。
 今思えば笑い話のようですが、その後障害者年金を受給、傷病手当金終了後は失業保険を1年受給、そしてその後は障害者に理解のある会社に就職し、何とか子供達を育てることが出来ました。世の中何とかなるものです。死にたいと思ってもあきらめないでください。誰かが手を差しのべてくれるものです。
 

私が思う、個人的な死生観の考え方について

私が思う、個人的な死生観の考え方について

私は昔から動物好きです。小さいころ親に与えてもらった動物図鑑を読みあさり、その図鑑に載っている動物の名前を端から端まで覚えて、動物園に行けばだれよりも饒舌にその動物のことを説明し、テレビでやってた「野生の王国」や「わくわく動物ランド」にかじりつくように見入り、幼稚園の頃の夢は動物園の飼育員になりたい、という筋金入りのものでした。だんだん年をとるにつれて、知識や情報を多くてい入れ、現実を受け入れるとその思いは薄くなってきて、今ではそんな感情は1ミリたりとも感じなくなってしまっています。しかし幼いころに感じた動物への思いは、いまや私の死生観に多大な影響を与えています。私はペットが嫌いです。地球上にいるありとあらゆる動物はすべて、進化の過程で手に入れたあらゆる能力で、地球上の生活に適応するようにできています。しかしながら本質的な部分、いわゆる動物の本能の部分には、進化も知識も絶対勝てないと確信しています。動物には子孫を残す本能、食べる本能といった動物としての根源というか生きるしるしや意味をなすものがあります。これを満たすために後から肉付けされたのがそれを遂行するための進化した能力です。したがって本能は絶対で、それを満たすのために何とかしようとしたのが能力で、能力でどうしようもなくなったときに本能が満たされなくなれば、暴走するのだと思います。冒頭のペット嫌いの発言は、人間というただの動物が、他の生物を捕食するや駆逐するのではなく、その本能を奪い去るという動物としての尊厳を失わさせる非常に卑劣な行為だと思います。ペットの犬に服を着せるとか、猫に高価な餌を与えるとか、地球が生まれてから数億年かかって作られた動物というものの一番重要で本質的な部分をを愚弄しすぎです。
そして私たち人間も地球上に住む動物の一種です。二足歩行により知識を得、火を操り、技術を手に入れいまや地球上で一番繁栄している動物として君臨していますが、やはり所詮は人間も動物です。したがってその動物の本能こそが一番尊重されるべき場所であり、絶対になくなることがあり得ない性質なのです。これだけ文明が発達したって、本能には絶対勝てません。戦争がおこること(他の生物との縄張り争い)、性犯罪やや男女間の浮気不倫(子孫を残すこと)が無くならないのは、人間が動物だからなのです。人間は所詮地球上に生きる単なる動物の一種類という考え方が私の個人的な人生観で、それに基づいた死に対する考え方が私の死生観です。
私の死生観は前述の通り動物として生まれた以上、地球の摂理に反してまで生きようとは思わないことです。動物として生まれた以上、弱者は廃れるのです。病気やケガ、障害などあれど、自然界なら淘汰されてしまいます。そういう厳しい歴史で動物は常に生きてきました。でもそれが地球の摂理なのです。それに比べ人間は自らが動物であることを忘れ、自分たち以外の地球上のありとあらゆる生物を破壊し、感情という地球の摂理とは反する理念で死という自然発生のものを、知識と技術で取り除き、その数を飛躍的に増やし、現在もなおそれ以上のことを地球に企てようとしています。はっきり言って人間は地球にとって有害です。エコとか地球にやさしくとか言ってるのも所詮は、商売ビジネスです。地球にとって一番のエコは人類が滅びることに決まっています。その考え方は極論過ぎてだれにも分かってもらえないのですが、自然に死ぬのが一番普通です。

大好きだった祖父の自殺について思ったこと

大好きだった祖父の自殺について思ったこと

私が死について考えるきっかけになったのは、3年前に祖父が自殺した事です。
祖父は本当に優しくて、私が中学生の時、親と友達との板挟みになって苦しかった時に、「おじいちゃんは○○(私)の味方だからね」と心強い味方になってくれるぐらい、私の人生において大切な人でした。
しかしその後、母の妹が高齢出産をし、12歳離れた歳の従姉(女の子)が生まれました。
母の妹は、他府県に住んでいた私たちとは違い、祖父母の家の近くに住んでいたこともあり、毎日祖父母の家に子供を預けて、仕事に行っていました。
母の妹とその夫は、その子を溺愛していて、決して叱ることなく育てていました。毎日預けているという負い目もあったのかもしれません。
私はその子が小学2年生ぐらいの時に、四葉のクローバーをプレゼントしたら目の前でむしられてぐちゃぐちゃにされ、捨てられたことがあります。
祖父母も愛情を注いでいましたが、きちんと叱るべき時には叱っていました。
小学校3~4年生になると、口も達者になってきて、しかもその子は少し口が悪く、すぐ「死ね」や「は?アホか」「だまれ」等暴言を吐いていました。
育ててもらった祖父母にも暴言を吐き、かわいかった子供時代を知っているからこそ、祖父は苦悩しているようでした。
そしてある日突然、祖母から電話が入り、祖父が自殺した事を知らされました。
車の中で、七輪で練炭を燃やし、後部座席にはその子の書いた絵が置いてあったそうです。
祖母は「車で出かける前、その子に何か暴言を吐かれたのが引き金では」と心を痛めていましたが、当の本人は全く罪悪感がないようで、余計に腹立たしかったです。
遺体となった祖父と対面したとき、私がもっと話を聞いてあげていれば良かった、祖母も「祖父と一番仲良いのは○○(私)」と言っていたのに…と後悔しました。
なぜ祖父は死ななければならなかったのか、その子に殺されたようなものだと思いました。
警察も一応来て事件性がないか調べてくれましたが、明らかな自殺だと言われました。
祖父は、その年も前年に起こった東日本大震災で、たくさんの人が亡くなったことに心を痛めていたようでした。第二次世界大戦も経験しており、特に韓国人に対してすまなかった、という気持ちを持っていたようでした。
優しすぎる人が自殺し、人の気持ちなんてわかろうともしない傲慢な人がのうのうと生きている事に、理不尽さを感じました。
また、他の親戚には、祖父は「自殺」ではなくもともと心臓が悪く、倒れた時に打ち所が悪くて亡くなった、と言っていて、自殺だと知っているのは祖母と私の家族、母の妹の家族だけです。それも腹立たしいです…。
自殺する直前、苦しくはなかったのか、せめて眠るように意識がなくなり、楽に死ねたことを願っています。
輪廻転生という言葉がありますが、祖父は次にもっと生きるのが楽な生き物に生まれ変わって、楽しく過ごすと信じています。

生きること死ぬことについての考え(人として考えなければいけない自己理論)

生きること死ぬことについての考え(人として考えなければいけない自己理論)

 人生の中で常に考える事はやはり「生きる事」をやはり優先的に考えてしまうことですね。(自分が死んでしまうことは、まず他人事みたいに後回しになってしまいます。)
この現象は自分が生きることを前提で考えてしまうもので、自分が死に接見するとものすごく恐怖感を覚え「死にたくない」という焦りが気持ちの中に湧き上がってしまうことだと思います。そう言ってしまう私自身も以前は同じ気持ちでいましたが、ある事実から考え方が全く変わってしまいました。その事実とは、ある日、突然クモ膜下出血による動脈瘤破裂により死の境界を彷徨いステージ4まで行き、家族を呼び緊急の一途を辿った経験があります。この時、3週間の意識不明の時期を過ごし、その間は三途の川を夢の中のような中で臨死体験として意識朦朧のなかで体験しました。そこで気がついたのは、「生きることの使命感」について思ったのです。もし人間がその死期がやってくればこのようにステージ4になった私は当然死について一番近い状態で疑いもなくあの世に行くはずなのですが、その予定もなく元の世界にまた再び普通の生活ができるというのはまさに奇跡といっても過言ではありません。(しかし下肢部に障害は残ってしまいましたが…。)やはり、人間は死ぬべき時期は最初から決まっていてその任務を私たちは恐れずに可能な限り生き続けなければならないことを確信しました。これで奇跡的に回復したのでもうすべて良好かと思いきやその後にも私に苦悩が降りかかりました。まず障がいが残った私に待ち受けたものは「リストラ解雇」、「障がい故に就職口が閉ざされ」、「不採用186社の末、やっと採用された会社で障がい雇用に不慣れな会社に就職して一切無視され続けた苦悩」などの生きているうえでの苦悩を体験しました。せっかく生還した私の心の中はボロボロでもう生きる気力さえ失ってしまう大きな矛盾にとらわれてしまいました。
 こんな話をしてしまうのも何ですが実は私の父も似たような絶望感により橋から飛び込み他界しました。その思いから私も同じように橋の上から覗き込み死を決意しようと思いましたが、絶望感はあったのですが、飛び込むことは出来ませんでした。どうしても父と私の境遇は同じはずなのに何故私は飛び込めなかったのか?何故父は他界してしまったのか?この話を要約すると父の運命と私の運命は、最初から決まっていてその寿命も最初から決まっているのかもしれません。(私は2度も命を助けられたのかもしれません。)生きるためのプログラムとして前世と来世につながる為の修行のような気がします。来世の為にも苦労があってもとりあえずは一生懸命生きなければと思いました。感謝と人を許す気持ちを持って生きて行かなければなりませんね。(ちなみにクモ膜下で意識がなくなる瞬間はまったく痛みは感じませんでした。死ぬ瞬間は痛みはないと思います。)

身近な人の死を通して生きることを考え、よりよく人生を

身近な人の死を通して生きることを考え、よりよく人生を

自分は早く死ぬんだ、と思っている人がごく身近な人にいます。(夫のことですけど)
現在53歳、小学生3人の子持ちなのに。
大変残念な人だなって、近くにいて思います。
何にもわかってない人だなって、思います。
人がいつ死ぬかなんて当たり前ですけど、誰にもわかりません。
神さまが決めることです。
なのに自分は早く死ぬんだ、なんてことを平気で言えることが私には理解できません。
しかも子どもの前で。
そんなことを聞いたら子どもが悲しむと気づかないのでしょうか?
自分の無知をさらしているようなものです。
毎日一生懸命生きてこそ、いつ死んでもいい、と思える境地に達すると思います。
毎日いやいやながら生きているような人には、当然いつまでたっても死なんて訪れません。(夫のことですけど)
私はそう信じています。
人生とはなにか、生きるとはなにか、自分の使命とはなにか・・・
そういうことを自分自身に問い続け、曲がりなりにもなにかをつかみかけたとき、ようやく死が訪れるのではないかと思っています。
また身近な人の死を通して生きるとはなにか、どうして死んでしまったのか、死を通して語りかけていることはなにか・・・とよく考えます。
ああ、こうなのかといったすっきりとした答えは当然見つかりませんが、こうだったのかな?と考えることを通して、よりよい生き方ができるのではないかと思っています。
私自身が死にたいと思ったのは20歳の学生のときでした。
周りの友達は充実した人生を歩んでいるように見え、それに比べて自分はだれからも必要とされず、何事もうまくいかず、人生に絶望していました。
しかしちょうどそのとき、人間の体に関する授業を受けていて、小腸の働きについての説明でした。
小腸にはじゅう毛といって、栄養素をよりたくさん取り込もうとする機能が備わっているという授業でした。
いくら頭で死にたいと考えても、人間の体は栄養を取り込んで生きようとしているのか、と思って自ら死ぬことが人間の道理ではないと気づくことができました。
それからはどんなにつらいことがあっても死にたいと思うことはなくなりました。
いろいろな本を読むことを通して、つらいことや、嫌なことは人生の中でいろいろと起こりますが、それらは逆に神様からの試練なのだ、と思えるようになりました。
それを乗り越えれば、次にはきっとよいことが起こるはず、と思えるようになりました。
今ではまだまだやりたいことがたくさんあって、絶対にまだ死にたくないと思っています。
もちろん子どもたちの将来を見届けたいですし。
逆に若くしてガンなどにかかって子供が小さいのに、亡くなられてしまう方は、どうしてそんなことが起きてしまうのかな?と考えます。
なにか前世でとんでもなく悪いことでもしたの?とかんぐってしまいます。もちろんそんなことを考えること自体ナンセンスですけど。
その人にしかわからないことですから・・・。

死ぬことと、そこから生について考えてみる。

死ぬことと、そこから生について考えてみる。

死について考えてみたいと思いますが、まずその前に、生きるということについて考えてみたいと思います。「生きる」という事には様々な意味があって、食物を食べ栄養を補給すること、人生の目標ややりがいを見つけそれに向かって進むこと、これから起こるであろう幸福をイメージして日々を過ごすこと。おそらく多種多様で人によると思いますが、自分にとっての「生きる」が失われるとき、人は死ぬんだと思います。つまり、生命それ自体は能動的な状態であっても死ぬことはもちろんある、ということです。幸福になるということを想像することは実は意外と難しいことで、自分なんかとかこんな自分よりとか考える人もたくさんいて、幸福がうまくイメージできずに自殺してしまう人もたくさんいます。自殺というのは文字通り自らを殺すことで、ここにもやはり様々な意味があると思います。ただ盲目に生きていたいと思えるほど今を生きる人間は馬鹿ではないので誰もが幸福になりたいだろうと思いますが、それは一方で誰かを蹴落とすことと同じで、それに耐えられない優しい人間が、何かを我慢して日々自殺を繰り返しているのかもしれません。その論理の延長線上で自らの生命活動を終了させる選択肢も出てくるのはおかしくないと思います。しかし、自殺を止める要因として、家族のこと、友人の事、あいつに負けたくないと思う心、それらが人間にとってのプラスの力となり、わたしたちは生きていけるんだと思います。しかし、そうでもない人もなかにはいるでしょう。電車に飛び込む人を例に挙げると、電車に飛び込むことが迷惑なのはきっとわかっているでしょうし、それを望んでいる人は多くはないと思います。おそらく、電車に飛び込んだ人は、飛び込む直前まで会社に行こう、もしくは学校に行こうとしていたのではないでしょうか。思い悩みながらも前を向こうとして、しかしそれでも幸福はイメージできず、やむなく目の前の電車に飛び込むことで早く楽になるという選択をしたのかもしれません。それはさながらトイレを我慢している人の前に、ちょうどトイレが現れるのと同じような事なのかもしれません。きっとわたしたちにとって死ぬということは生きるよりはるかに簡単で楽に慣れてしまうものなのです。もちろん不慮の事故なので命を落としてしまった人にとっては悔しい想いばかりだと思います。しかし、人は生まれた以上、絶対に死んでしまうもので誰もその運命から逃げられません。ですから、これはただの理想かもしれませんが、いつ死んでもおかしくないこの世界で、これが最後でも後悔しないように行動することが、私たちにとっての幸福な死であり、生まれた意味なのかもしれません。

死んだらどうなるんだろう、本当に何も無いのか。

死んだらどうなるんだろう、本当に何も無いのか。

死んだらどうなるのか、本当に何も無いのか。生まれる前に戻るだけなのかそればかり考えてしまいます。生まれる前に戻るだけだから本当に何も無いのだろうなとか、家族とあの世で再会とか無いのかなとかです。
死んだら終わりだよと笑っていう人が居ますけどわたしはどうも笑えません。笑顔で死ぬとかやはりこの世は地獄だからこそ笑顔なのでは、この世は地獄で死ぬと天国なのではとか。様々な事を考えてしまいます、泣きながら生まれてくるから赤ちゃんでもこれから始まる苦難がわかっているのではとか。死んだら地獄天国ではなく、この世こそが地獄なのではと考える事が多くなってきたので、やっぱり私はどう考えても不幸な部類なのだろうなと思います。
それも病気があって苦しんでいるからです、こうして文章書いてるのも病気で働けないからなのです。保障もありません、やはり私にとっても地獄であり早く死にたいと心から願ってしまうことが多々あるのです。
生まれてきたけど地球が誕生してから生まれるまでの記憶は何一つ無いのだから無に帰ると思います。笑顔で死にたいものです、やっと解放されるんだと心から思えるのかは疑問だけどそうであってほしいです。
きっと病気じゃなかったら幸せだったんだろうなと感じます、病気だからこそ死を強く意識します。貧乏だし病気で身体は辛いし早く死にたい。そう心から思っています、心ない人は早くしねばと言うかもしれませんが死ぬことも勇気がいります。
自殺したら負けだとか言う人も居ますけど病気を苦にしての自殺は解放ですから、健常者には理解できなくても死ぬ間際で理解できるかもしれません。
しかし家族が嫌いな訳でもないのでやはり死ぬ事に対して寂しさがあります、恐怖より、寂しさのほうが強いです。寂しさのほうが強いから自殺もできません。揺れ動いてます、自分が生まれた事が自分で本当に嬉しいと思えないので子供を作ることが悪いことのようにも感じてしまいます。
生まれてきたから苦労するのなら新しい命を作らなければいいのにとさえ思います、健常者には理解できない心の闇が確実にあるとは自覚しています。
世の中には不幸な死をする人が沢山居ますけど激痛の中で死んでいくのは本当に恐怖です、なるべく安楽に死にたいものです。
死ぬと、私は死んだと理解する頭も消えるのだから死んだ事を理解できないのだろうし。私の人生ってなんだったのだろうと虚しくなります。
学校でもイジメられていたので早く死にたいと思っていました、現在でも死にたいと思っているから死はとても身近なる存在です。辛い死にたい、それが心に満たされると大丈夫、死ねば全てから解放されるよとどこかの空から聞こえてくるような気がします。

明日が来るのは奇跡と思って生きています。

明日が来るのは奇跡と思って生きています。

30代に入るまでは、身近に「死」を感じたことがなかったと思います。いつかは来るんだろうけど、まだまだ先の事、遠い存在だと思っていました。身近で亡くなるのも祖父、祖母など年齢の方が多く、自分もその位の年齢まで生きて死ぬのだろうと漠然と思っていました。自分がこの世からいなくなる事を深く考えると怖くなってしまい、あまり考えないようにしていたのかもしれません。
しかし、ちょうど30歳になる年に、病気で友人を亡くし、交通事故で従妹をなくしました。友人は癌で、わかった時には末期、余命3か月でした。それまでは本当に普通の生活をしていて、何か月前から体調があまりよくないと言っていただけでした。彼女から連絡をもらいましたが、突然の事で呆然としてしまいました。いきなりの事だったにもかかわらず、彼女は「絶対治すから」と気丈にふるまっていました。本当は怖くて仕方なかったと思います。本当に、本当に強い人でした。私はすぐにでも会いに行きたかったのですが、当時海外に住んでいて仕事をしていたため、すぐには帰国できませんでした。日本に2日滞在するという強行スケジュールなら会いにいけたのですが、絶対治すからと言っているのに、余命を信じすぐに会いに行くという事ができませんでした。会いたい、でもわざわざ海外から帰国してまで会いに行く事が彼女の精神的負担にならないかと悩み行かない事に決めました。これは今でも会いに行っていればよかったのか答えがでません。
今でも彼女の事をよく考えます。ただ会って話がしたい。ふとした生活の中で彼女を連想する事もあります。最後に会った時にこれが最後だとは想像もしていませんでした。
その数か月後に、20歳の従妹を交通事故で亡くしました。飲酒運転の車に突っ込まれ、即死でした。夜中に起こった事故で、おばさんから朝方電話で従妹がなくなったと聞きました。聞いた時は理解できませんでした。彼は恋人と過ごし、自宅に帰る途中だったそうです。輝かしい未来が待っている、まさか自分が交通事故でなくなるなんて思ってもなかったと思います。家に帰って、寝て、起きて、朝ご飯を食べ、家族と話して、新しい一日が始まる。そんな当たり前の毎日が来ないこともあると痛感しました。
それからは「死」を遠い存在ではなく身近な存在だと思うようになりました。死は誰にでも来るもの、いつ来るかはわからない、なら明日が来ないと思って毎日後悔の無いように生きようと決めました。私は最後に目を閉じる時に「私は幸せだった」と思いたい、そう思うためにはどう生きたらいいのかと考えてます。どんな死に方をしたいか考えることで「幸せとは何か」についても考えるいい機会になりました。それまでは自分に無い物ばかりを悲観してもっと幸せになりたいなんて思うこともありましたが、今ここに存在しているだけで幸せなのだと。毎日起きて、ご飯が食べれて、子供を育てて、寝て、そんな当たり前の毎日に幸せを感じる事ができるようになりました。「死」についても今まではなんだか怖いものと思ってましたが、死んで友人やいとこと同じ世界に行けるのなら悪くはないなと思っています。